つらい腰痛、肩こりは一指堂指圧整体治療院にお任せ下さい。

生理痛

生理痛は骨盤内の血液循環障害で起きる人が意外と多い

ではなぜ生理痛は起こるのでしょう。

生理の1~2週間前から生理が始まるまで、 黄体ホルモンの分泌量は排卵後、急激に増え、生理が起こると一気に減ります。

この大きな変化で、自律神経がバランスをくずし、頭痛や肩こり、イライラなどの不調を引き起こします。 また黄体ホルモンは乳腺を発達させる、体温を上げる、体内の水分を引き出すなどの作用もある。

そのため、乳房が痛くなったり、だるさや下半身のむくみも起こりやすくなります。

次に、生理直前から前半まで、プロスタグランジンという物質が急に増えます。 この物質は子宮の収縮を促して生理の経血を身体の外に排出する役割を果たします。

この量が多すぎると収縮が強くなりキリキリとした痛みが発生します。 血管を収縮させる作用もあるので、腰痛やだるさ、冷えがひどくなります。 実は陣痛のときの痛みもこのプロスタグランジンが原因です。

そして月経後半の痛みなどの不調の要因はうっ血です。 うっ血とは血液の流れが滞ること。 骨盤を中心に血液の流れが悪くなり、下腹部の鈍痛や腰回りの重苦しい感覚を引き起こします。

器質的疾患(内膜症や筋腫など)を含まない方は治療することで痛みを軽減する事ができます。 ホルモンのバランスをとるため、子宮へ神経を通している骨盤内の仙骨の傾きを調整し、腰の神経バランスを整えます

生理痛を引き起こす器質的な問題として子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症などがあります。 このように子宮自体の問題だった場合、残念ながら急激に変化する事はあまりありません。

このような場合でもあきらめる必要は全くありません。 骨盤、背骨、の歪みが改善してくるとホルモンバランスも正常になって来ます。

すると骨盤内の血流もアップしてこのような疾患の症状も進行しずらくなる方もいらっしゃいます。 その期間、病院の治療と併用して当治療院に通う方もいらっしゃいます。

良いバランスを保つことが改善の条件になってきますので定期的な施術が必要になってきます。 骨盤の柔軟性をつけバランスを整える 。 ホルモンのバランスを整えるのも、器質的な問題を改善するのも骨盤の調整が重要になります。

骨盤という器の中に子宮は収まっているのでゆがみがあれば子宮もゆがんでしまいます。 また神経のバランスを整えることにもなりますので、骨盤の安定は重要です。 初めにしっかりバランスをとることで後々の症状の出方が劇的に変化します。


一指堂指圧治療院のご案内

住   所 釧路市入江町6番8号  
駐車場完備
お問い合わせ
ご予約
0154-25-7594
受付時間
午前9:00~午後6:00    休業日:日曜日

大きな地図で見る

↑ページ TOP

                                                 ホーム      ご挨拶      治療内容      料金案内      生の声      アクセス